Skip to main content

ロータリーのリーダー

豊かな経験と知識をもつロータリーのリーダーは、倫理や奉仕などの価値観を大切にするロータリー会員を代表しています

多様な国や職業のメンバーから成るロータリーのリーダーが、方針の決定、リソースの配分、全世界のスタッフの管理、ロータリー戦略計画の実施など、ロータリーの運営をサポートしています。

  • 国際ロータリー会長

    国際ロータリー会長は、1年任期で毎年選ばれ、理事会の議長を務めます。

    会長の紹介

    バリー・ラシン - フロリダ大学で保健・病院運営のMBAを取得し、医療教育機関であるAmerican College of Healthcare Executivesでバハマ初の特別研究員となりました。院長として37年間務めた医療機関Doctors Hospital Health Systemを最近退職し、現在は顧問を務めています。全米病院協会の生涯会員で、Quality Council of the Bahamas、Health Education Council、Employer’s Confederationなど複数の団体の理事・委員長も務めました。

    会長の略歴

    国際ロータリー理事会

  • ロータリー財団管理委員長

    ロータリー財団管理委員長は、管理委員会により1年任期で毎年選ばれます。

    管理委員長の紹介

    オクラホマ大学財団の元理事長。クリーブランド郡(オクラホマ州)弁護士協会と米国弁護士協会の会員。オクラホマ州地方裁判所と米国最高裁判での弁護士としての資格を有する。ノーマン公立学校財団の創設者兼元会長。ノーマンコミュニティ財団の創設者兼元理事。

    ロータリー財団管理委員会

  • ロータリー事務総長

    事務総長と事務局スタッフのエグゼクティブチームは、米国イリノイ州エバンストンの世界本部、および世界各地の事務局でロータリー会員の支援にあたる総勢800人以上のスタッフを監督します。事務総長は、国際ロータリー理事会とロータリー財団管理委員会のメンバーとなります。

    事務総長の紹介

    2011年にロータリー事務総長に就任。世界8カ所の事務局で働く約800名のスタッフを指揮するかたわら、キエフ・ロータリークラブ(ウクライナ)の創立会員として、ロータリアンとしての活動にも力を入れています。インドでのポリオ予防接種活動、世界経済フォーラムへの出席に加えて、ポリオ撲滅活動への募金を目的とした自転車レース(米国アリゾナ州)に参加。2015年のレースではロータリアンとともに参戦し、ポリオ撲滅のために1300万ドルを集めることに成功。「“ポリオのない世界”という子どもたちへの約束を果たすために私たちが参加している多くの活動の一つで、毎回素晴らしい成果を収めています」

エグゼクティブスタッフ

エグゼクティブスタッフは、米国エバンストンの世界本部をはじめ、東京、ブエノスアイレス、ニューデリー、シドニー、サンパウロ、ソウル、チューリッヒの各支局における会員サービス、プログラム、財務、テクノロジー、開発、コミュニケーション、戦略、法務の各部門を監督しています。

エグゼクティブスタッフの略歴

シニア職員の紹介

国際事務局シニアスタッフの紹介はこちら

理事会

理事会は、国際ロータリーの方針を定め、クラブ発展のための指針を提供します。毎年、ロータリー国際大会でクラブによって理事が選出され、各理事は2年の任期を務めます。

理事の略歴

最近の理事会決定

理事会会合の予定

管理委員会

管理委員会は、ロータリーの慈善部門であるロータリー財団の業務を管理します。国際ロータリー次期会長が管理委員を指名し、理事会が正式に選出します。管理委員は4年の任期を務めます。

管理委員の略歴

最近の管理委員会決定

管理委員会会合の予定

地域リーダー

ロータリー財団地域コーディネーター(RRFC)、ロータリーコーディネーター(RC)、ロータリー公共イメージコーディネーター(RPIC)、恒久基金/大口寄付アドバイザー(EMGA)は、ロータリー会員に情報やアドバイスを提供し、会員の活動を成功へと導きます。これらの地域リーダーは、国際ロータリー次期会長またはロータリー財団次期管理委員長によって任命されます。

ロータリー会員を支援する地域リーダーの役割について