Skip to main content

経済平和研究所


「平和」とは暴力の欠如のみではなく、すべての人に正義が守られる社会を築くことを意味します。


ロータリーは、平和の指標に関する研究で国際的に著名な機関、経済平和研究所とのパートナーシップを結びました。このパートナーシップは、紛争の根源的な原因に取り組み、平和を育むための土台を築くことを目的としています。 

同研究所は「積極的平和(Positive Peace)」へと至るための8つの要素を特定しました:

  1. 腐敗/汚職のレベルが低いこと
  2. 他者の人権を受け入れること
  3. 情報の流通が自由に行われること
  4. ビジネス環境が良好であること
  5. 人的資本のレベルが高いこと
  6. 資源が公平に配分されること
  7. 隣国との関係が良好であること
  8. 政府が十分に機能していること

積極的平和の考え方に基づくロータリーのプログラムは、世界平和に対して計り知れない貢献を果たすでしょう


世界平和研究所 創設者・所長

積極的平和を支援している地区

積極的平和に向けたロータリーの取り組みは、以下の地区からのご支援により可能となりました:4170, 4185, 4280, 5010, 5040, 5420, 5498, 6060, 6080, 6110, 6150, 6170, 6190, 6200, 6510, 6540, 6580, 6710, 6740, 6780, 6800, 6840, 6860

ロータリーはどのようにして平和を育むことができるか?

ロータリーの最大の強さは、共通の目標に向けて人びとの結束を促し、地域社会で草の根のプロジェクトを実施できることです。

積極的平和を目指して持続可能な活動を立ち上げ、 リソースを投入していくことを目的に、ロータリーと経済平和研究所が以下を共同開発しました:

  • ロータリー積極的平和アカデミー:争いの根源的原因を解決するために平和構築の新手法を使い、地域の人びとの参加を促す方法を学ぶことのできる無料のオンラインコース。アカデミーはこちら
  • 積極的平和(Positive Peace)のガイド(コンフェレンス・ワークショップ用):地元の人びとの積極的平和への関心を高め、ディスカッションを促すためにロータリアンが使用できる研修用資料(ダウンロード可能)。
  • クラブ用:進行役用ガイドクラブ用プレゼンテーション

    地区大会用:進行役用ガイドプレゼンテーション

  • 積極的平和に関するワークショップ: ロータリーと同研究所が共同で、ロータリークラブと地区が利用できる世界共通のカリキュラムを作成しました。このカリキュラムを基に、積極的平和の要素について地域のリーダーや若者たちを対象としたワークショップを行うことができます。カリキュラム開発の一環として、2018-19ロータリー年度にメキシコとコロンビアで2回のワークショップが試験的に実施されます。

    メキシコ(2019年): 近年、メキシコでは高い犯罪率が問題となっている一方で、同国での平和実現の可能性は高いとされています。2019年に実施されるこの試験的ワークショップでは、ロータリーとローターアクトの会員が地元の新興リーダーや専門家とともに、メキシコでの積極的平和とロータリーの平和構築活動を推進するネットワークを築くことを目指します。

    コロンビア(2019年):コロンビア平和協定の署名により、世界で最も長期にわたった武力紛争に終止符が打たれ、持続可能な平和の構築に向けたプロセスが開始されました。このワークショップを通じて、ロータリーとローターアクトの会員がそのネットワークを生かして草の根レベルで積極的平和の実現を目指すとともに、主な関係者の参加を促すことで平和プロセスの形成を支援します。