Skip to main content

HIV感染した女性を支援するローターアクトの活動が最優秀賞に

世界各地のローターアクトクラブによる優れたプロジェクトを表彰

2018年「ローターアクト卓越したプロジェクト賞」は、起業スキルを教えることでHIVに感染した女性たちの自立を支援するプロジェクトを実施したスリランカのEdulink International Campusuローターアクトクラブに贈られました。 

 

このクラブは、女性たちが自分でつくった商品を販売できるサイト「Dream Store」(ドリームストア)を立ち上げ、売り上げが直接女性たちの銀行口座に入るようにしました。プロジェクト企画段階で、クラブはまず女性たちと会って各自のスキルを調べました。その後、地元の専門家やロータリアンと協力して、女性たちのスキルをさらに伸ばしたり、新しいスキルを教えたりしたほか、経営の基本と家計管理についての研修も行いました。

さらに、スリランカの大手ギフトショップを含む複数企業と提携して女性たちの商品を販売し、顧客ベースの確保を支援しました。また、女性たちの才能を広く紹介することで商品購買を通じた支援を呼びかけたほか、HIVとエイズに対する偏見をぬぐうための啓発イベントを開催しました。 

「(彼女たちは)前は仕事が見つからず、どこにも採用してもらえませんでした」と話すのは、クラブの元会長、ニプン・ペイリスさんです。 

今回の表彰で「努力が報われた」とペイリスさん。「クラブの達成をとても誇りに感じています」  

ヨーロッパ・ローターアクト大会中に「Rise Against Hunger」のための食糧詰めを行うローターアクターたち。

多地区合同プロジェクトの最優秀賞は、45カ国以上の115地区、ローターアクター24,000人の協力と奉仕プロジェクト立案を推進する多地区合同組織、European Rotaract Information Centre(ヨーロッパ・ローターアクト情報センター)に贈られました。この組織は、多くのプロジェクトの情報を集めて検索可能なライブラリにアップロードすることで、「協力クラブ探し」ツールを提供。奉仕や友情など関心を共有するクラブ同士を結びつけています。

今年度の賞には、470以上のプロジェクトが59カ国から応募されました。単一クラブのプロジェクトと多地区合同プロジェクトとして、上記2つが最優秀賞に輝いたほか、6つの各地域から優れたプロジェクトが選ばれて表彰されました。最優秀賞には将来の活動資金としてそれぞれ1,000ドルの賞金が贈られ、トロント(カナダ)で開かれるローターアクト大会前会議でプロジェクトについて発表する機会が与えられます。

各地域の優秀賞に選ばれたのは、以下のクラブです。

アジア・パシフィック地域:Makati San Miguelローターアクトクラブ(フィリピン)  

Makati San Miguelローターアクトクラブ(フィリピン)の「Mini-Hackathon and PechaKuchaプロジェクト」では、情報テクノロジー分野の専門家、ビジネスリーダー、コーチ、地域社会のリーダーの力を借り、地元が抱える問題を解決する新しいアプリを開発。イベントで3つのプロトタイプの試験が行われ、機能が実証されました。一つめのアプリは緊急時に病院、避難所、消防署を見つけるもの、二つめのアプリは参加者が就職フェアのために履歴書をつくり、条件のあう雇用者と結びつくことができるもの、3つめのアプリは洪水時に被災地にいち早く物資を届けるため、通行可能な道を輸送トラックに知らせるものです。

南アジア地域:The Caduceusローターアクトクラブ(インド)  

The Caduceusローターアクトクラブ(インド)の会員は、炭鉱の仕事をする人々とその家族のための健康診断を手配しました。

インドのThe Caduceusローターアクトクラブは、炭鉱業による悪影響が出ている地元の地域社会で「Ground Reality Journey」プロジェクトを立ち上げました。地元団体、政府、村人と協力して、健康診断の提供、廃棄物分別システムの設置、保健教育セミナーの実施、植樹、学校改善のための募金を行いました。

ヨーロッパ・中東・中央アジア:Hippocrateローターアクトクラブ(モロッコ)

Hippocrateローターアクトクラブから自転車を寄贈されて喜ぶ学生たち。以前、生徒たちは毎日10キロメートルの道のりを歩いて通学していました。

モロッコのImintlit村の学生たちが平均10キロメートルの道のりを歩いて学校に通い、高い退学率の原因となっていることを知ったHippocrateローターアクトクラブは、募金した資金で自転車を購入し、生徒たちに贈る「Action Velos」プログラムを開始。1年以内に、退学率は45%から23%に下がりました。 

サハラ砂漠以南アフリカ:St Jude’s Arushaローターアクトクラブ(タンザニア)  

失業中の若者の就職を支援するSt Jude’s Arushaローターアクトクラブのプロジェクトの一環として、仕事と職業スキルの研修を受ける若者たち。

St Jude’s Arushaローターアクトクラブ(タンザニア)は、失業中の若者12人を対象に、さまざなな仕事のスキルおよびスープとジュースの作り方を教えるワークショップを実施。その後、ロータリアンの力を借りて地元企業での3カ月の有給インターンシップに若者たちを派遣。プログラム後には6人が企業に正式採用され、2人が地元で起業しました。

ラテンアメリカ:Belo Horizonte-Lesteローターアクトクラブ(ブラジル)  

ブラジルのBelo Horizonte-Lesteローターアクトクラブは、地元市民や教員ボランティアと協力して、大学入試を控えた学生たちのための入試対策コースを実施しました。学生たちはまた、美術館やアートギャラリーを訪れる課外活動にも参加しました。

米国・カナダ・カリブ海諸島:New Kingston, Jamaicaローターアクトクラブ 

ジャマイカのNew Kingstonローターアクトクラブは、ロータリアンや保健専門家と協力して「Back to School Medical」プロジェクトを実施し、支援が行き届いていない地域の学校の生徒たちに、無料の健康診断、歯の掃除、眼科検診を提供しました。また、親たちへの保健教育も行いました。

ローターアクターとして世界をどう変えられるでしょうか?

詳しくはこちら

あなたのストーリーをシェアしてください